株式会社 由布島(沖縄)の正社員/契約社員の住み込みの仕事求人情報

住み込み求人掲載希望の企業様
住み込み求人ナビ(スミナビ)全国版
水牛車で有名な「由布島」で働いてみませんか?お土産品店の販売員募集中!!
株式会社由布島の正社員/契約社員の住み込み求人 
沖縄県 レジャー・リゾート/その他 時給:830円 ~
由布島内にあるお土産品店での販売員です。 仕事内容は、お土産の販売、在庫管理などです。 ・資格は不問。 ・未経験者OK。 契約社員から、正社員の登用もありです。
市区町村 寮費無料 個室寮 食事補助 赴任交通費支給
八重山郡竹富町
 

寮は完全個室。離島に移住したい人も大歓迎!

由布島は、西表島の隣にある、小さな島。
アクセスは、東京もしくは大阪、那覇から飛行機で石垣島へ、そのあと
高速船で西表島へ。西表島からは、水牛車で渡ります。

由布島は、八重山地域でも屈指の観光地。
水牛車で渡る風景が、有名です。
そのほか、蝶々園やブーゲンビリアガーデンなどの施設も充実しています。

お土産品のほとんどは、由布島オリジナル商品。ここでしか買えないものをそろえています。
国内はもちろん、海外からのお客さんもたくさん訪れて、購入していかれます。
接客が好きな方ぜひ、働いてみませんか?

寮は、ミニキッチン、トイレ、シャワールーム付きの個室になります。
観光地なので、昼間は、観光客で賑わってますが、
夕方には、お客さんは帰ってしまうので、島の中は本当に静か。
夜はスタッフの皆さんのプライベートな島に変身。
そして、満天の星空が見える自然豊かな環境です!!

スタッフたちは、日本全国各地からきていますので、いろいろな方と出会えます。
年齢層も幅広く、20代〜50代となっておりますが、
水牛の乗務員の最高齢は、80代の地元のオジーです。

西表島では、ダイビングやカヤッキングのアクティビティも有名です。
休日には、ぜひトライしてみてはどうでしょう!!


勤務地 沖縄県 八重山郡竹富町 交通機関 送迎バス(会社用意)で20分もしくは、徒歩5分。(寮の場所によって変わります。)
募集職種
雇用形態
レジャー・リゾート/その他
正社員/契約社員
前のページに戻る   応募停止中

住み込み求人情報

職種 レジャー・リゾート/その他
雇用形態 正社員/契約社員
勤務地 沖縄県 八重山郡竹富町 古見689
仕事内容 由布島内にあるお土産品店での販売員です。
仕事内容は、お土産の販売、在庫管理などです。
・資格は不問。
・未経験者OK。

契約社員から、正社員の登用もありです。
応募資格
応募条件
・未経験者OK
・半年以上働ける方
・自動車免許は必要です。AT車免許でも可。
 買い物など、島の中での移動は車が主な移動手段となります。
勤務時間 【勤務時間】
・8:30〜17:00 実働7.5h 休憩あり
休日・休暇 会社は年中無休ですので、シフト制で基本的に週1日のお休みになります。
給与 時給:830円 ~

時給830円

給与モデル
※1か月勤務で、例:時給830円×7.5h×25日 約15万円。
これから、社会保険、寮費、光熱費が引かれ、約13万円くらいになります。
特長(メリット) 未経験者OK/女性も活躍できる職場/友人同士の応募OK/カップル・夫婦で応募OK/海近くでの仕事/離島でのお仕事
待遇 ・社会保険完備
・個室寮
・出勤日の昼食、有り・無しを選択(1食:350円)
・正社員登用あり
前のページに戻る   応募停止中

住み込みの環境

寮・社宅の
ポイント
寮付き(個室寮)/カップル・夫婦の入寮OK/生活備品・家電付き/Wi-Fi利用可/寮から職場まで徒歩圏内/送迎あり
寮・社宅の様子や
周辺環境
寮費:月5,000円

由布島内寮:個室。キッチン/トイレ/シャワールーム/エアコン/ガスコンロ/冷蔵庫/TV
      洗濯機は共同。職場まで、徒歩5分。

西表島内寮:個室。キッチン/トイレ/シャワールーム/エアコン/ガスコンロ/冷蔵庫/TV
      洗濯機は共同。職場まで、送迎バス(会社準備)で20分、のち徒歩10分。

※なお、寮の選択はできません。空き状況や職種により会社が決定いたします。
※WIFIですが、西表島内大原集落の寮に関しては、まだ、完備されておりません。
 現在、設置する方向で動いてます。

食事:朝、夜は各自自炊。
   昼は、有り(有料350円)・無し(各自用意)を選択

スーパーまで、車で、5分〜30分。(車は貸出制)

株式会社 由布島の基本情報

企業名 株式会社 由布島 求人の
雇用形態
正社員/契約社員
所在地 八重山郡竹富町字古見689 求人先名 株式会社由布島
企業PR 沖縄県の南に位置する八重山地域にある観光地、由布島。西表島から水牛車で海を渡る風景が有名。水牛車に乗りたくて、年間18万人ほどの観光客が訪れる小さな島。島全体が、亜熱帯の植物園になっており、お土産品店やレストラン、ブーゲンビリアガーデン、蝶々園などの施設もあります。

由布島は、今は、八重山を代表する観光地の一つですが、元々は、竹富島や黒島の人々が稲作を西表島で作るために移り住んだのが始まり。人口が多い時で120名、25世帯が住む集落を形成していた。学校や商店などもあった。しかし、昭和44年に大型台風の直撃を受け、床下浸水。ここでは、住めないということで住民のほとんどが西表島に移り住んだ。しかし、「西表正治」という人は、あきらめることなく、住み続け、ヤシやハイビスカスなどの植物を植え続け、「沖縄のハワイ」を目指した。
そして、「西表正治」は初代園長に就任し、観光がスタート。最初は、水牛1頭、水牛車1台。来島されるお客さんも1日数名ばかり。それでも、いろんな人たちの協力を得て、営業を続け、いろんなメディアに取り上げられたり、CMに使われるようになったりとして、少しずつ、知名度が上がり、大勢の観光客が訪れるようになりました。
担当者から一言 由布島には、観光客もそうですが、たくさんのスタッフもまた、全国各地から訪れていて、それに、助けられています。由布島には、20名ばかり、西表島には、2000名ほどの人口ですので、地元の人の採用は少ないのです。そのことから、島で働くスタッフは、日本全国あちこちから来ていて年齢層は20代〜50代。また、ここで出会い、家族を持っている方もいます。
由布島での、仕事は、多種多様に及びます。事務職、予約管理、売店スタッフ、レストランホールスタッフ、調理、調理補助、植栽、水牛の管理、水牛車運行管理など。
島での生活ですが、離島からの離島なので、不便さは感じるかもしれません。病院も西表島には診療所があるだけ。大きな病院となると、船で石垣島へ行かないといけません。
大きなスーパーもなく、共同売店や小さなスーパーがあるのみ。金融機関は、ゆうちょ銀行だけ。学校は、中学校までで、高校からは、隣の石垣島にいくか、沖縄本島に進学。
こう書くと大変そうだなあと、思うかもしれませんが、実際に住んでみるとそういう風には、感じないかもしれません。
前のページに戻る   応募停止中